受給資格

B型肝炎の給付金を受け取るためには受給資格を満たしている必要があります。まず、集団予防接種による注射器の連続使用によって感染した方が対象です。この方は一次感染者となります。次に、一次感染者が母親となってそこから生まれた子供が母子感染した、あるいは一次感染者の父親から父子感染した子供も二次感染者として給付金を受け取る権利があります。また、三次感染者も対象となっています。さらにはこれらの相続人の方も受給資格があります。

母子感染実際には給付金を受け取るための細かい要件が定められています。一次感染者の場合は昭和16年7月2日から昭和63年1月27日までに生まれていることが要件です。この間に生まれた人は集団予防接種で注射器が使い回されていた可能性があるのです。また、B型肝炎ウイルスに持続感染していることも要件となっています。満7歳の誕生日の前日までにツベルクリン反応検査や集団予防接種を受けていることも要件です。そして、集団予防接種以外にも感染原因がないことも大切です。

つまり、国のミスによって感染した場合にだけ給付金を支給されるのです。その要件を満たしていないならば、B型肝炎に感染していたとしても、それは国の責任ではないため給付金は発生しません。


関連記事

  1. B型肝炎の給付金
  2. 手続きの流れ
  3. 弁護士への依頼