弁護士への依頼

B型給付金を支給してもらうための弁護士の利用について、注意点を教えましょう。

まず支給額というのはそれをそのままもらえるわけではありません。手続きをするために必要なお金があります。また、弁護士を雇ったのであれば弁護士費用も必要となるでしょう。基本的にはどの法律事務所でも、B型肝炎の給付金については弁護士費用を支給額の8%から12%程度にしていることが多いです。そのため、これから法律事務所を選ぶ際には弁護士費用に注目してみましょう。

支給額また、B型肝炎の給付金訴訟というのは専門性の高い案件となります。医学的な知識も必要とされるでしょう。そのため、この分野についてしっかりと実績のある法律事務所に依頼するべきです。

B型肝炎弁護士の選び方としては、実際に相談をしてみて、こちらの話を親身に聞いてくれるかどうかは大切です。しっかりとした信頼関係を築くことができないと、スムーズに手続きをしてもらえなくなります。また、専門的なことが関わるため、分かりやすい説明ができることも重要でしょう。依頼者の気持ちをきちんと考えてくれる弁護士を利用しましょう。

良い弁護士に依頼することができれば、給付金をスムーズに受け取ることができるでしょう。病態によって給付金の額は異なります。数十万円から3千万円を超えるようなケースまであるのです。


関連記事

  1. B型肝炎の給付金
  2. 受給資格
  3. 手続きの流れ

手続きの流れ

これからB型肝炎給付金を支給されるための手続きの流れを紹介しましょう。基本的には国に訴訟をして和解が成立すれば、給付金が支払われることになっています。そのため、訴訟を起こさなければいけません。これは個人でもできることですが、さまざまな書類が必要となります。自分が国のせいでB型肝炎になったことを証明するための証拠書類が要求されるのです。きちんと書類が用意されていなければ給付金をもらえなくなるため気をつけましょう。

弁護士基本的にはB型給付金の請求は弁護士に任せることが多いでしょう。そのため、まずやることは弁護士への相談となります。無料で相談に乗ってくれるところが多いです。弁護士費用については、国の方で一定額を負担してくれるため、安心して頼めます。弁護士に依頼したあとは、証拠書類の収集をします。病院の記録を集めたり、検査を受けてB型肝炎になっていることを証明する必要もあります。書類を用意したならば、弁護士に代行してもらい訴訟をします。裁判所に書類を提出して、それが認められれば和解が成立します。そして、口座に給付金が振り込まれるのです。

このような流れによって、B型肝炎の給付金を受け取ることができるのです。


関連記事

  1. B型肝炎の給付金
  2. 受給資格
  3. 弁護士への依頼